初心者からマニアックグッズまで抜群の品揃え
東京・秋葉原アダルトグッズのラブメルシー

ラブメルシー連載コラム

佐藤☆サド氏の連載コラム「サドさんの日常」 | ラブメルシー連載コラム

死のイベント、フェチエス7.5ネクロフェスの報告2!!

20160501_191428

フェチのテーマを絞ったフェチフェスとして、5月1日“ネクロフェス”をやった報告を前回させてもらったが、今回は報告第2弾である。
まずは、今回のネクロフェスの華、ネクロイド達の写真で目の保養を!
ちなみにネクロイドとは、今回ネクロフェスのコンパニオンとしてお手伝いをしてくれたガールズ達のことである。

ソノラマさん

ソノラマさん

藤野玲華さん

藤野玲華さん

浅井壱花さん

浅井壱花さん

兎屋クロさん

兎屋クロさん

(全て撮影:佐藤聖崇)

続いて、ネクロで素敵な出展者さん達を紹介していこう。
まずは、今回ネクロフェスの素敵なフライヤーの絵を描いてくれた腸皺(わたしわ)ミタさん。
ミタさんは、フェチフェスのスタッフの下田メギくんが、ネクロフェスに似つかわしい絵を描く友達が居ると言って紹介してくれたのがきっかけである。今回のネクロフェスの絵も素敵だが、ミタさんの描く他の絵も素晴らしい。ミタさんの過去の絵のポストカードがブースでは売られていた。

腸皺ミタさんのブース(撮影:Summy Kaz)

腸皺ミタさんのブース(撮影:Summy Kaz)

写真中央:腸皺ミタさん(撮影:Summy Kaz)

写真中央:腸皺ミタさん(撮影:Summy Kaz)

ネクロフェスのフライヤー

ネクロフェスのフライヤー

そして、次は、ハスコラやゴキブリのシールといった普通はグッズ商品の対象にならないようなグロテスなグッズを創るアーチスト、REINAさん。
だが、不思議と彼女の作るグロテスクシールは、なぜかオシャレ可愛く見えてしまう。

写真右:REINAさん(撮影:佐藤聖崇)

写真右:REINAさん(撮影:佐藤聖崇)

REINAさんのブースの商品(撮影:Summy Kaz) 

REINAさんのブースの商品(撮影:Summy Kaz)

次は、SM系アクセサリーを売っている銀龍堂さん。ブースに置かれていたギロチンのオブジェが印象的だった!ネクロフェスに来るお客さんも出展者さんも、みな楽しそうにギロチン写真を撮っていた。さすが、ネクロフェスに集まる好事家たち!

銀龍堂さんのブース

銀龍堂さんのブース

葵マリーさん(撮影:椿あると)

葵マリーさん(撮影:椿あると)

スタッフの渡邊みりさん(撮影:椿あると)

スタッフの渡邊みりさん(撮影:椿あると)

会場のオブジェとしてもうひとつ、目が惹かれたのは、スタッフ下田メギくんが作ったネクロ椅子である。かなり装飾されているが、なんと実際に座ることができる!現在は高円寺のチョコレートチワワさんに置いてあるそうだ。

ネクロ椅子(撮影:佐藤聖崇)

ネクロ椅子(撮影:佐藤聖崇)

ネクロ椅子(撮影:椿あると)

ネクロ椅子(撮影:椿あると)

そして、意外と知られてないが、フェチフェススタッフや出展者には、球体間接人形フェチが多い。かくいう僕もそうだ。今回は、吉岡愛花(よしおかあいか)さんが、なんと孕んでいる少女の人形を、由良瓏砂(ゆらろうさ)さんが聖カタリナと聖セバスチャンの人形を展示してくれた。お二人の自作人形は、どちらもネクロ感あるとても素敵な人形だ。
ちなみに、ネクロフェスより前の日に、ネクロイドの顔合わせ飲み会というのをやったのだが、その会場に由良さんがスタッフをやっている武蔵小山のバー“TARUHO(タルホ)”を使わせて頂いた。もともとフェチフェススタッフで人形フェチな、さくら愛華さんが由良さんとお友達で、TARUHOさんでは、ドール会の日があり、由良さん所持の人形作家天野可淡さんの人形を展示するということを聞いたのが、可淡ドールフェチの僕がTARUHOさんと出会うキッカケになった。さらに前回のフェチフェス07の打ち上げでもTARUHOさんを使わせて頂いている。TARUHOさんには、過去フェチフェスにも出展下さっている骨董アーチストのマンタムさんのオブジェも飾ってあったりし、フェチフェスとは縁を感じるお店である。アンチークな店内の様子もとても素敵なので是非、みなさんも行ってみて頂きたい。

吉岡愛花さんと自作の人形(撮影:Summy Kaz)

吉岡愛花さんと自作の人形(撮影:Summy Kaz)

由良瓏砂さんと自作の人形(撮影:佐藤聖崇) 

由良瓏砂さんと自作の人形(撮影:佐藤聖崇)

TARUHOにある由良さん所持の天野可淡人形場

TARUHOにある由良さん所持の天野可淡人形場

そして、今回の大きな見世物の1つが、ホラー漫画家のお宝オークションであった。
千之ナイフさん、呪みちるさん、稲垣みさおさん、高塚Qさんという豪華でコアなメンツが揃い、満杯お客さんで場内は熱気マンマンだった。

左から司会のFFG鉄観音サワラさん、千之ナイフさん、呪みちるさん、稲垣みさおさん、高塚Qさん(撮影:Summy Kaz)

左から司会のFFG鉄観音サワラさん、千之ナイフさん、呪みちるさん、稲垣みさおさん、高塚Qさん(撮影:Summy Kaz)

撮影:Summy Kaz

撮影:Summy Kaz

そして、もうひとつの大きな見世物、死体写真家釣崎清隆さんと人体改造家ケロッピー前田さんのネクロトークショーだ。お二人は、死体からドラッグまで20世紀末のアンダーグラウンドシーンを走り抜けたカルトなサブカル紙BURST(バースト)のライター同志でもあった。ある意味いまのサブカル新世代を牽引してきた方々であり、その貴重なトークを聞けたはずだ。さらにMCを務めてくれたのは、BURUSTの表紙モデルもやっていた、元人気スカトロAV女優の内山沙千佳さん。この3人の並ぶ姿がみられるのもネクロフェスならではだろう。

左からMCの内山沙千佳さん、釣崎清隆さん、ケロッピー前田さん(撮影:Summy Kaz)

左からMCの内山沙千佳さん、釣崎清隆さん、ケロッピー前田さん(撮影:Summy Kaz)

撮影:Summy Kaz

撮影:Summy Kaz

さてさて、やはり残念ながら全ての出展者はご紹介できず、今回もこのあたりで終わることになった。

 

さて、次回フェチフェス08は9月22日の予定です。

 


★★ラブメルシーの今月の一品★★
【緊縛ストラップ】 メイド
フェチフェスでもお馴染みの出展者、奇譚屋デザインファクトリーさんの緊縛ストラップ。
僕がデンマークに行った時、向こうの女の子たちにあげたら“カワイイ”と大喜びされた奇譚屋さんのストラップグッズの一つ。これぞ日本のサブカルポップ感覚。


 
 
最新記事
カテゴリ
バックナンバー