初心者からマニアックグッズまで抜群の品揃え
東京・秋葉原アダルトグッズのラブメルシー

ラブメルシー連載コラム

佐藤☆サド氏の連載コラム「サドさんの日常」 | ラブメルシー連載コラム

[第17回]報告!第2回フェチフェスアンダーグラウンド映像祭 台湾&日本同時開催!11月(11月5日台湾、13日東京)

報告!第2回フェチフェスアンダーグラウンド映像祭 台湾&日本同時開催!11月(11月5日台湾、13日東京)

フェチフェスアンダーグラウンド映像祭(以下、FFUG)が、台湾と東京でワールドワイドに行われた。FFUGの詳細については、前回のブログをご覧あれ。

台湾は、会場はリトルモカというギャラリーの小さな会場ではあったが、お陰さまで満員御礼で、そしてとても申訳なかったのだが、入れずにお帰り頂いたお客様もいらしたくらいだった。しかもフェチフェスらしく、映像を見るだけのイベントにもかかわらず、トリッキーな被りモノをした台湾のお客様も見受けられた。

 

フェチフェスアンダーグラウンド映像祭
フェチフェスアンダーグラウンド
1478404960096

 

台湾話も多々あるのだが、紙面が限られているので、東京開催と賞の発表をしたいと思いう。今回は5つの賞の受賞があった。

まずは、前回のFFUGvol.同様に、プロデューサーをやって頂いたTokyo Zentai Club代表のタムラさんが個人的に良いと思った「タムラP賞」の受賞者は、SUNGAUTS FACTORY制作、「乳神様」である。前回のFFUGでもやはり“乳神様”をテーマに女性の乳という記号に対するコダワリとフェティシズム、哲学があるような作品。でも理屈よりも、丁寧な映像の作り方、エンターテイナーな表現がタムラさんにかわれたのではないかと思う。

 

SUNGAUTS FACTORY制作、「乳神様」

SUNGAUTS FACTORY制作、「乳神様」

SUNGAUTS FACTORY制作、「乳神様」

 

サド賞は2つの作品に授与させて頂いた。まず一つは、
ドイツからの出品者で、Cosmotropia de Xam制作「Black Mass Of The Brain - The Confession」である。
70~80年代のイタリアンホラー映画の巨匠ダリオ・アルジェントを彷彿させる、アーティスティックなホラーセンス。言葉が無くとも映像だけで魅せる映像力は、同者の前回FFUG出品作同様、素敵な作品だった。神を冒涜する悪魔と交わる~というような西洋の王道なホラー内容ではあるが、理屈抜きの映像で見せられる作品だと思う。

 

Cosmotropia de Xam制作「Black Mass Of The Brain - The Confession」

Cosmotropia de Xam制作「Black Mass Of The Brain - The Confession」

%e4%b8%bb%e5%ae%b0%e3%82%b5%e3%83%89%e8%b3%9e_cosmotropia-de-xam%e3%80%8eblack-mass-of-the-brain-the-confession%e3%80%8f

 

もうひとつのサド賞は、Zentai Art Project制作「どっきんはっち」である。
Zentai Art Project(以下、ZAP)さんは、前回のFFUGのグランプリ受賞者でもある。ZAPさんの作品は、映像、音、コトバが、ハイブリッドに美しく交わって展開していく。もうこの感性の持ち主ならば何を撮っても素敵な作品に仕上がってしまうような気がする。実は、今回もグランプリ候補作品であったのだが、前回の作品「One Foot Nation」と比べてしまうと、前回の作品のパワーには負けるのかなと、思ってしまった。ZAPさん自身の前回の作品に、今回は敵わなかったということで、グランプリではなくサド賞を授与させて頂いた。
ちなみに内容は、失恋した女性の想いを描いているとのことだが、これもストーリーよりも作者の映像・音・コトバ力に無心になって身をさらして見てるだけで心地よい

 

Zentai Art Project制作「どっきんはっち」

Zentai Art Project制作「どっきんはっち」

Zentai Art Project制作「どっきんはっち」

 

そして今回、ホラーブログで有名なHiro Fujiiさんに、飛び入りでHiroさんの気に入った作品に、彼のブログのタイトルの「ホラーSHOX賞 」の授与をお願いした。選ばれたのは、
三ッ星レストランの残飯制作「びくてぃむ」だ。
かわいい、アニメキャラと、グロテスクなアニメキャラ“陥没”のシュールなカラミ。内容は、道で出会った“陥没”が、カワイイキャラに変な食べ物をあげようとして、カワイイキャラがひたすら「ヤダ、ヤメテ、ヤダ、イラナイ」とリピートし続ける。これも内容に執着せずとも、そのシュールさ、グロテスクさ、ばかばかしさのインパクトで圧倒される。一見、チェコのシュールなアニメを思わせるが、日本的なポップさ、浮世絵的な表面的な感性が入った独自な世界観だ。会場で唯一、拍手がおきた作品だ。

 

三ッ星レストランの残飯制作「びくてぃむ」

三ッ星レストランの残飯制作「びくてぃむ」

左から、三ツ星レストンランの残飯さん、Hiro Fujiiさん

左から、三ツ星レストンランの残飯さん、Hiro Fujiiさん

三ツ星テストランの残飯さん

三ツ星テストランの残飯さん

 

そして、グランプリは、同じく三ッ星レストランの残飯制作の「外テ物」である。

とにかく凄まじい爆弾的インパクトのある作品。前回のブログで内容については書いたので端折る。「びくてぃむ」同様のセンスだが、こちらの方が、グロテスク描写が増す。グロテスクなカオスの中に出現する、色使いの見事なコスモスな均衡性。とってもアートな才能のある方だと思う。

 

三ッ星レストランの残飯制作の「外テ物」

三ッ星レストランの残飯制作の「外テ物」

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa_%e4%b8%89%e3%83%83%e6%98%9f%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%a3%af%e3%80%8e%e5%a4%96%e3%83%86%e7%89%a9%e3%80%8f

 

今回は、FFUG初登場の三ッ星レストランの残飯さんが2冠を制した形になった。

最後に、めったに見れない映像である今回の招待作品、富士山樹海のリアル自殺死体動画の上映が、大盛況のもと公開されたことをご報告して終わりにしたい。

 

富士山樹海のリアル自殺死体動画

富士山樹海のリアル自殺死体動画

富士山樹海のリアル自殺死体動画

富士山樹海のリアル自殺死体動画

左から、トークゲストの鉄観音サワラさん、みのりしょこさん、早川瀬里奈さん、LOVSTARさん、村田らむさん、小平さん

左から、トークゲストの鉄観音サワラさん、みのりしょこさん、早川瀬里奈さん、LOVSTARさん、村田らむさん、小平さん

 

そうだ、ゲストとFFGNの華やかな女性陣の写真でお目なおし?をw

 

鉄観音サワラさん

鉄観音サワラさん

FFGむちさん

FFGむちさん

みのりしょこさん

みのりしょこさん

早川瀬里奈さん

早川瀬里奈さん



※写真提供:Summy Kazさん、佐藤聖さん、佐藤サド

●2017年1月29日(日)フェチフェス09
詳細は、https://www.fetifes.com

 

ラブメルシー今月の一品

商品コード:4562170318959

ほとんど裸のマイクロビキニ。だったら、裸でいいんじゃない!?
いえいえ、着エロフェチにとって、極小でも隠しているところに萌えるんです!
販売価格:¥2,030(税込)

 
 
最新記事
カテゴリ
バックナンバー